« 涼宮ハルヒの憂鬱(小説) | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈(小説) »

2006年4月20日 (木)

涼宮ハルヒの溜息(小説)

涼宮ハルヒの溜息 Book 涼宮ハルヒの溜息

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実はここまで読み終えてる。いつ原稿やってるのかという疑問は持たない方がいい。オレは考えたくも無い。
アニメ#1の自主制作映画の製作エピソード。むしろメイキングと謎解きを読んでいる感じで面白い(´ヮ`*)
小説を先に読んでる方々はどんな気持ちでアニメ#1を見たのかは知る由もないが、その逆も然りだろう。当然のことだが「どちらがいい」という問題ではない。
長門さんがみくるに襲い掛かる謎や腹話術の猫の謎もちゃんと解き明かされた。スッキリ~(´ヮ`*)
ご無体な仕打ち(?)を受け続けるみくる嬢、よく堪えられるな(^^;
そして長門さんの人間離れした(人間ではないが)特殊能力が今回も発揮されている。どこまでも付いて行きたい( ゜ω゜)-3-3
一番スゴイのはやっぱハルヒの力なんだろうがw

« 涼宮ハルヒの憂鬱(小説) | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈(小説) »

コメント

私もやっと小説買ったおー!
ハッキリ言ってどれが1巻でどれが2巻なのか判断に困りました;;
今日辺り読んでみようかと思いまするる~

ゲンコー頑張れ(黙れ

おぉ!買ったのか!!
オレは原稿終わったので容赦無く
読みまくりますよw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの溜息(小説):

» 涼宮ハルヒの溜息 [本の紹介ページ]
涼宮ハルヒの溜息 [続きを読む]

« 涼宮ハルヒの憂鬱(小説) | トップページ | 涼宮ハルヒの退屈(小説) »